障害児デイサービス(放課後等デイサービス)指定申請について

◆ 放課後等デイサービスとは

 

放課後等デイサービスとは、就学時(小学校~高校)の障害児に対して、学校の終了後や、休日等に

生活能力向上のために必要な訓練や、社会との交流促進のために支援を行うサービスです。

 

 

◆ 放課後デイサービス指定申請の要件

 

1.法人格があること

 

2・人員要件      ① 常勤の管理者がいること

            ② 児童発達支援管理責任者が1名以上(常勤専従)

            ③ 従業者 指導員又は保育士2名以上(1名以上常勤)

 

3.設備基準      ① 利用定員が10名以上

            ② 指導訓練室を備えること

            ② その他必要な設備、備品を備えること

 

 

 

◆ 資格要件について

管理者の資格要件

 

  資格要件 なし

 

  兼務の場合 ①当該事業所の従業者

        ②同一敷地内又は隣接地等、管理業務に支障がない範囲にある事業所(施設)の

         管理者又は従業者

 

 

児童発達支援管理責任者の要件

 

 ① 実務経験  傷がい者の保健・医療・福祉・就労・教育の分野における直接支援・相談支援

         などの業務における実務経験(3~10年)

 

 

 ② 相談支援従事者初任者研修(講義部分)+ 児童発達支援管理責任者研修

 

   ※平成27年3月31日までは、研修を受講することを条件に、業務を行うことが可能 

   ※児童発達支援管理責任者研修については、サービス管理責任者研修(児童分野)を

    受講している場合は、研修要件を満たしているものとみなす。

 

 

◆ 指定申請書類等について

 

居宅介護・重度訪問介護事業者指定申請に必要な主な書類

 

・指定申請書

・各サービス種別ごとの付表

・他の法律において既に指定を受けている事業等について

申請者の定款、登記事項証明書(目的に訪問看護事業を実施する旨の記載が必要)

・従業者の勤務の体制・形態一覧表

・事業所の管理者の経歴書

・サービス提供責任者の経歴書

・事業所の図面(用途及び面積を明示、事務所の外観及び内部の様子のわかる写真も添付)

・運営規程

・利用者からの苦情を処理するために講ずる措置の概要

・当該申請に係る資産の状況(法人の決算報告書、事業開始年度の収支予算書、損害賠償責任

              保険証書の写し 等)

・誓約書

・役員名簿

・資格を証明する書類等

・雇用証明書又は雇用確約証明書

・障害福祉サービス事業等開始届

・介護給付費算定に係る体制等に関する届出書

・介護給付費算定に係る体制状況一覧表

 

上記以外の書類が必要になる場合もあります。

 

 

         

お問い合わせ・お申込みはお気軽にどうぞ

サポート料金について

 

・放課後デイサービス指定申請報酬    120,000円  (消費税別) ~ 

 

 

・他の指定申請と同時申請の場合     基本料金から20,000円の割引

 

・法人の設立とセットにてご依頼の場合  基本料金から20,000円の割引